So-net無料ブログ作成
検索選択

お月見、2016年の十五夜はいつ? [行事]

お盆も半ばを過ぎて、来月は9月です。
9月の行事と言えば、十五夜のお月見ですよね~

今年2016年の十五夜はいつ?その日は満月になるのか?
を調べてみました。

tuki.PNG

スポンサーリンク





「中秋の名月」とは?


「中秋」とは、旧暦の秋(7月、8月、9月)の真ん中の日を指す言葉で、
旧暦の8月15日の事になります。
一般に言う「十五夜」の事になります。

「仲秋」と似た表現もあるのですが、
これは初秋(旧暦の7月)、仲秋(旧暦の8月)、晩秋(旧暦の9月)の
旧暦の8月の月を示すので、十五夜の月に限定されなくなるから、
指定する範囲が広くなってしまいます。

「中秋の名月」と言う言葉から、さぞかし綺麗な月なんだろうという
イメージがわいてきますよね~

秋の月がどうして綺麗に見えるのか?


天体観測的に夜空がもっとも綺麗に見えるのは冬なんです。
でも、お月見は秋ですよね~

太陽は夏に高く、冬に低くなっています。
月はそれと逆に夏に低く、冬は高くなります。

夏の月はぼんやりと見えるのは、そのせいなんですね~
じゃ、冬の方が綺麗じゃないの?と言う事なんですが、
頭上近くまで昇っている分、見るのに疲れてしまいます。

なので、見やすい高さの季節が、春か秋になるんですね~

しかし、春は花粉や黄砂で空がかすんでいたりして、
雨上がりの日でもない限り月がぼんやりとしてしまっています。

でも、秋は花粉や黄砂も殆ど無く、空気が澄んでいるので、
月のクレーターまではっきり見る事が出来ます。
そして、明るい星が少ない分、月の美しさが際だって見えるんですね~

秋の月が綺麗に見えるのはこんな理由からだそうです。

中秋の名月というからには満月ですよね?


旧暦の8月15日が中秋の名月というからには満月なのかというと、
そうではないんです。

旧暦は月の満ち欠けで日付を決めているので、
現在の太陽暦とは考え方が違っています。

じゃ、2016年の中秋の名月は?


ここ近年の旧暦の8月15日と満月の日を調べてみました。

  年   中秋の名月  満月
2011年 9月12日  9月12日
2012年 9月30日  9月30日
2013年 9月19日  9月19日
2014年 9月8日   9月9日
2015年 9月27日  9月28日
2016年 9月15日  9月17日
2017年 10月4日  10月6日

なので、今年2016年の中秋の名月は9月15日になります。
でも、満月は9月17日が十五夜になるので、15日は十三夜になりますね~

お月見の由来は?


お月見の由来を調べてみましたが、これだって確実な説は無かったです。
もっとも有力な説としては、お月見の発祥は中国のようです。
昔の中国では、お月見の日に里芋を食べる習慣があったようです。

なんで里芋なのかというと、本来、お月見の日は
里芋の収穫祭であったという事らしいです。

そして、次第に中国の宮廷行事としてお月見が行われるようになったそうで、
それが日本に伝わったのが、奈良時代~平安時代の頃らしく、
当時の貴族達は、直接月を見るのではなく、
水面などに映る月を船などに乗って楽しみながら
歌を詠む舟遊びが流行っていたそうです。

お月見に、お団子とススキを飾るのはなぜ?


tukimi.PNG

昔は月を信仰の対象としていた事と、お月見は先ほども書きましたとおり、
収穫祭なので、収穫した里芋や米で作ったお団子をお供えしたそうです。

現在は、里芋よりも米で作ったお団子が主流になっていますが、
地域によっては、昔のように里芋をお供えしているところもあるみたいです。

お団子のお供えする個数ですが、これも説が2つあって、
1つ目の説は「満月の数 = 12個」とされていて、
その年に出た満月の数をお供えするそうです。
でも、平年は12個ですが、うるう年は13個になるそうです。

2つ目の説は「十五夜 = 15個」と言われています。
今年は十三夜なので、13個になりますね。

ススキは米の稲穂に似ている為に飾られる事が多く、
稲穂自体を飾る場合もあるそうです。

ススキは切り口が鋭い事から、魔除けの力があるとされていて、
お月見で供えたススキを家の軒下に吊るしておくと、
一年間病気をしないと言われているそうです。

色々とお月見について調べてみましたが、
今年のお月見に役に立つと嬉しいです。

最後まで読んで下さってどうもありがとうございました。

スポンサーリンク



nice!(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
広告スペース
Copyright © げんなり王の時事通信 All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。